財務内容

システム開発を委託する会社の財務内容を知らないで、
システム開発を任せられないと思いませんか?

皆様の業務の根幹とも言えるシステム開発を安心と信頼の上でお任せいただく為に、当社の財務内容をオープンにさせていただいております。

(決算月:12月) 単位:千円
 年  売  上 税引前
利益
1人当
売上
1人当
利益
社員
株主
配当
自己資本
比率
1 1981 42,257 0 14,086 0 3 0 47.0%
2 1982 49,604 484 8,267 81 6 20% 82.4%
3 1983 75,355 12,408 10,765 1,773 7 20% 69.4%
4 1984 103,751 12,006 11,528 1,334 9 20% 68.2%
5 1985 132,704 17,067 12,064 1,552 11 20% 59.5%
6 1986 143,968 15,862 11,074 1,220 13 20% 69.8%
7 1987 160,339 19,675 12,334 1,513 13 20% 60.1%
8 1988 195,847 22,380 15,065 1,722 13 20% 66.8%
9 1989 198,138 27,633 15,241 2,126 13 20% 66.1%
10 1990 239,644 38,514 17,117 2,751 14 20% 67.4%
11 1991 250,401 44,992 16,693 2,999 15 20% 74.3%
12 1992 247,601 42,609 17,686 3,044 14 20% 85.7%
13 1993 247,173 31,313 19,013 2,409 13 20% 80.0%
14 1994 222,590 30,344 17,122 2,334 13 20% 86.6%
15 1995 171,392 12,097 15,581 1,100 11 20% 84.3%
16 1996 214,911 28,722 19,537 2,611 11 20% 71.1%
17 1997 232,552 27,419 19,379 2,285 12 20% 81.1%
18 1998 210,810 26,913 17,568 2,243 12 20% 85.1%
19 1999 230,524 40,153 19,210 3,346 12 20% 83.4%
20 2000 199,867 7,143 13,324 476 15 20% 93.1%
21 2001 178,077 9,183 11,872 612 15 20% 92.8%
22 2002 155,855 20,180 11,133 1,441 14 20% 91.0%
23 2003 217,604 41,584 15,543 2,970 14 20% 86.7%
24 2004 230,003 52,531 16,429 3,752 14 20% 90.8%
25 2005 214,497 18,143 14,300 1,210 15 20% 94.1%
26 2006 190,865 24,427 12,724 1,628 15 20% 91.1%
27 2007 191,242 36,370 12,749 2,425 16 20% 92.0%
28 2008 201,634 28,930 12,602 1,808 16 20% 95.1%
29 2009 142,890 ▲19,899 9,526 ▲1,327 15 20% 97.4%
30 2010 167,450 25,224 11,163 1,682 15 20% 92.0%
31 2011 200,656 32,951 13,377 2,197 15 20% 93.0%
32 2012 236,486 44,737 15,766 2,982 15 20% 91.4%
33 2013 203,129 22,746 13,542 1,516 15 20% 95.7%
34 2014 191,998 21,340 12,800 1,423 15 20% 93.0%
35 2015 181,188 20,884 12,079 1,392 15 20% 95.0%
36 2016 161,101 21,302 12,392 1,638 13 20% 96.0%

2017年1月11日
《 第36期を終えて 》
通年目標の経常利益2,000万は確定し無事終了しました。
1月からは志間が当社に加入し、4月には国家試験複数取得の新人も加入し、15名体制で更なる強力布陣となります。
2017年は問題提起しなかった業界&自治体にも果敢に情報発信して取り組む予定です。
起業以来の「良きシステムをより安価に」の哲学は例年通りIT市場に積極的に発信していこうと思っております。
株式会社コンピューターシステムハウス
代表取締役社長 薮内 利明