第35回 進化するギガビットHUB

  • Clip to Evernote
  • Check

 いつもお世話になっております。情報セキュリティ担当のJです。
今回は、「進化するギガビットHUB」をテーマに書いてみたいと思います。

 ネットワークを繋ぐのに欠かせないHUB(スイッチングハブ/L2スイッチ)ですが、信頼性の高い業務向けのギガビットHUBが各メーカーより次々と新発売され、価格も従来より安価となり、ちょっとした競争が起きています。また従来の製品より、機能的にも進化しており、延長保証などの付加価値のついた製品も登場しています。

その中から、特徴的な製品をいくつか紹介します。

【ヤマハ SWX2100シリーズ】
特徴:「見える化機能」「5年保証」「電源抜け防止金具標準添付」
http://jp.yamaha.com/products/network/switches/swx2100-8g/?mode=model

【アライドテレシス GS910シリーズ】
特徴:「金属筐体」「5年保証」
https://www.allied-telesis.co.jp/products/list/switch/gs910/catalog.html

【シスコ Small Business 100シリーズ】
特徴:「小型」「ブランド」「デザイン」
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/sb100/prodlit/prod_models_comparison.html

【ネットギア クリックスイッチシリーズ】
特徴:「タップ型」「USBポート」
http://www.netgear.jp/products/details/GSS108E.html

 ネットギア社の製品は弊社での導入実績はありませんが、ちょっと面白い製品でしたので、ご紹介しました。

 業務向けのギガビットHUBは、どうしても高価になりがちですが、上記製品であれば従来よりも安価に導入することが出来ますので、ネットワークの見直しをされる場合には、参考にしていただければと思います。

情報セキュリティ管理者:J