関根 良太

CSHに決めた理由

私は新卒でCSHに入社しましたが、きっかけは専門学校の先生から「ここ、受けてみない?」と紹介されたことが始まりです。
もともとぼんやりと地元福島のIT関係の仕事に就きたいと思っていました。

入社試験で役員との面接の際、難しい質問や返答に困るような質問はほとんどなく、半分は雑談だったような記憶があります。

また、事務所内の仕事風景を見学させていただいた際、働く社員の方々がみな明るく対応して下さったのを見て、
この会社は勉強や学歴などの優秀さよりも人間性を重視していることが感じ取れ、より強く入社を希望しました。

仕事内容

現在は営業SEとしてお客様の業務をシステム化することによって課題解決するお手伝いをさせていただいています。
その一部として特に私はパッケージソフト会社と連携してパッケージソフトの機能では対応できない部分をお客様に要件を伺いながら追加機能として設計・開発する仕事もしています。

限られた制約の中でいかに使いやすく最大限の導入効果を出せるかが難しいところでもあり楽しいところです。

体験談

企業向け基幹システムの開発ということで入社当初は社会経験も無く分からないことだらけでした。
CSHは特定の業種に絞ることなく受託開発するため、関わる業種の基本的な知識をそれぞれ身につけなければならないところが特に苦労しました。

プログラマーとして諸先輩方からフォローを受けつつ経験を積み、
ある程度業務について理解できてきたところでSE的な仕事をさせていただくようになりました。

最初は自分の中ではSE的な仕事は全く向いていないと思っていましたが、
数を重ねる内に自分の新たな可能性を発見することが出来ました。

メッセージ

CSHは一般的なIT会社とは違い、各社員が営業担当・SE担当・サポート担当といった
個別に業務を担当するのではなく、1お客様に対して同じ人物が導入からアフターフォローまで
一貫して担当することが多い為、お客様と比較的距離感の近い仕事をしています。

その為、様々な場面で活躍できるスキルを身につけることが出来、
どこの会社でも通用するようなキャリア形成と人間力を磨けるところが一番大きな魅力と思います。

ですので、仲間同士でお互いを助け合い・刺激し合いながら自己成長をしたい方、一緒に仕事をしましょう!