宇佐美 晶宏

CSHに決めた理由

福島でずっと育っていたので地元に愛着がありましたが、震災をきっかけにより一層地元に貢献したいという思いが強くなりました。
さらに、学生時代から情報システムに関心があり、ICTで福島に貢献できる企業に勤めたいと考えていました。

CSHとの出会いは大学の教授の紹介でした。

福島の郡山を拠点に全国にシステムを納めており、30年無借金経営という土台の強さ、
さらにシステムの設計から作成、フォローまで一貫して行っている自社完結型会社に魅力を感じ、応募しました。

仕事内容

プログラマーとして日々プログラムを組んでいます。
しかし、プログラムを組むだけでなく、システム運用問合せやトラブル対応等のユーザーのフォローも行っています。

さらに最近では、自分の担当するユーザーに営業や提案、設計等の営業SEのような仕事をすることも増えてきました。

今後は営業SEとしてユーザーの利益を「売上の拡大」「原価、経費の削減」「管理力の強化」の多方面から、
提案、設計、安定稼働までをサポートできるように経験を積んでいきたいと考えています。

体験談

入社2年目で東日本116店舗のメガネ販売業のメガネチェーン販売流通システムのプログラムを担当させてもらえる機会がありました。
店舗とそれを統括する本部システムで構成されており、規模としてもなかなか大きなシステムでした。

業務内容の理解不足が大きく、システムと業務内容との関連性の理解のために
設計者やユーザーに聞きながらの開発だったために時間がいくらあっても足りませんでした。

しかし、先輩プログラマーの助力もあり何とか納期に間に合うことができました。
納品後も実際の業務内容に合わせる形で調整していき、現在はスムーズに稼働しています。

この時にシステムと業務との関わり合いの把握の重要性を学び、現在の営業・設計・開発にも活かされています。

メッセージ

CSHは少数精鋭で一人一人が会社のためユーザーのため社会のために日々業務を行っています。
ユーザーの利益につながるとても重要でやりがいのある仕事です。

様々なことに興味を持ち、勉強も遊びも工夫するのが好きな方は弊社で活躍できること間違いなしです。

毎年ボーリング大会や社員旅行の費用を会社から出してくれたり、
家族旅行代補助やクリスマスプレゼントが支給されたりするちょっと他とは異なるCSHで一緒に働きましょう。