第181回 福島大学OB・OGガイダンス

  • Clip to Evernote
  • Check

お世話になっております。プログラマー兼SEのUです。

10月19日(水)に福島大学にてOB・OGガイダンスの講師をさせていただきました。
文部科学省の地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の一環として
福島県内の企業に勤めている先輩から話を聞くことを目的としたガイダンスでした。

講師は私を含め、福島大学を卒業して下記の企業に就職したOB・OG3名で行われました。
株式会社アポロガス様
株式会社いちい様

対象者は各学類3年生及び大学院生で、約40名参加してくれました。

講師はキャリアサポーターと呼ばれる、若者の地元定着を促進するために
企業のリクルーターとしてだけではなく、福島県のリクルーターとしての役割を持った105名の中から
今回3名が選ばれました。

発表の様子
【写真:発表の様子】

私は、世界に誇れる日本企業トップ3と当社の社訓から
「Challenge」
できる人材を社会が求めていることをお伝えしました。

質疑応答の様子
【写真:質疑応答の様子】

発表後の質疑応答では
1.東京ではなく、福島に就職した理由
2.福島県に就職する特有のメリット
3.福島の課題
4.福島の中小企業のよさ
等の質問が出ました。

その中で、福島に就職した理由が話されました。
・安心する故郷
・自分の根を張る場所
・心のよりどころ

福島大学の学生だからこそ、実感できる内容だったのではないかと思います。

ガイダンスには当社の同年代の女性も一緒に参加して、
真剣に聞いてくれましたので、感想も掲載いたします。


参加した学生と同年代の当社のAさんの感想
自分の就活では情報系の会社しか調べることがなかったので、
他の業種の中小企業について知ることができました。
業種は違えど福島で働く意義は変わらず、福島への恩返しのため、
福島は自分のよりどころであるから、と意見を聞くたび県内で就職した自分が
何故福島なのか、これから何をすべきかを考え直せる貴重な時間になりました。

そして、福大のOB・OGのキャリアサポーターの人たちのように母校の後輩のため、
力になれるような先輩になりたいと思います。


参加した学生も自分と福島について考える機会になったのではないかと思います。


学生にとってはこれからの人生を決める大事な就職です。
そこで、自分を知り、会社を知り、社会を知っていく中で
最終的に福島と関わっていくことを選んでくれる学生
が増えてくれるように
今後も、キャリアサポーターとしての活動もしていきたいと思います。

以上、福島大学OB・OGガイダンスのご報告でした。